費用を把握する|アプリ開発業者に依頼しよう【通訳アプリ等の役立つアプリを作成!】

注目を集めるアプリ開発事業【プロに依頼する】

人気のアプリジャンルランキング

no.1

ゲームアプリは若者を中心に人気

人気のアプリジャンルでまず思い浮かぶのは、ゲームでしょう。数あるカテゴリの中でも、ゲームに注目をしている人は多いはずです。特に若者は、学校の休み時間や通学途中にゲームアプリを動かしているケースが多いですね。

no.2

ビジネスアプリの人気も根強い

最近は、スマホアプリをビジネスの世界で使う動きが広まっています。文書作成から表計算、各種書類の作成まで、大抵のことはアプリで済ませられます。高度なグループウェアにスマホからアクセスしている人も多いです。

no.3

便利に使えるユーティリティアプリ

たとえば、スマホで撮影した画像を加工するアプリなども大人気です。最近はリアルタイム加工ができるものも出てきています。女性が自撮りをするときに便利なユーティリティアプリの人気は留まるところを知りません。

費用を把握する

システム

企業がアプリ化を進める理由

企業が自社製品をアプリにして発表をすることも多くなってきました。その理由はいくつかありますが、やはり一番大きいのは、何でもスマホを使って行う人が増えてきたからでしょう。パソコンの使用率が下がって、スマホの使用率が上がってきました。現在ではネット接続の半数以上がスマホからだとも言われています。今までパソコン用にしか作っていなかったソフトを、スマホアプリにしてリリースすると、そうした人たちに利用してもらえる可能性が高くなります。

目的に沿った開発計画を立てよう

スマホアプリとしてリリースすれば単純に販路が増えるので、利益に結びつきやすくなります。ただ、アプリ開発の際には、臨機応変さも求められます。完全にパソコン版と同じにしては使いにくくなるでしょうし、まずは目的を明確にすることが大事です。アプリ版で何を目標にするのかを決めて、それに沿って開発計画を練っていかなければなりません。たとえば、高機能なアプリよりも使いやすいアプリを目指すという感じですね。

開発費用の目安

どういったスマホアプリなのかによって、開発費用は違ってきますが、割と簡単なものでもかなり高額な費用がかかる点は知っておきましょう。ゲームアプリなら、平均相場は一億円以上だと言われています。確かに個人で作れるようなゲームなら数十万でできますが、普通に売れ筋ランキングに乗るような作品を作るなら、一億円以上は見ておく必要があります。簡単なユーティリティアプリでも数百万は用意しておきたいところですね。

アプリ開発を依頼するときにはこんな点に注意

アプリ開発を外部の会社に依頼するなら、まずはその会社のことをよく調べておきましょう。アプリ開発会社と言っても、ピンからキリまであります。大手なら質の高いアプリを作れるかといえば、そんなこともありません。実際にその会社が開発したアプリをチェックすることは大事です。ダウンロードして使ってみれば、その会社のアイデア力もプログラミングレベルも、手に取るように分かるはずです。

広告募集中